忍者ブログ
深度三,三三糎の心の海から湧き出ずる毒ぼやきの数々。
 
*08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
*07
*09
*New Articles*
----------------

 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
白拍子静(映画『新・平家物語 静と義経』より)映画『新・平家物語 静と義経』見たのでお絵かき。
主役は静で、もう兄上との仲がだいぶあかんようになっている義経が、幼馴染み設定の静に都で再会してから、静が鶴岡八幡宮で「しづやしづ」と舞う場面までが描かれています。
 主演は淡島千景さん。
 

以前書いた若き清盛が主役の『新・平家物語』と、もう一作、木曽義仲が主役のものとで、三部作の筈なのですが……
木曽さんDVD化すらされてない!!

白拍子といえば、思い浮かぶのはまずこの紅袴に烏帽子水干ですが、これは男装です。紅袴だけがっつり女物なのが却ってあやしく引き立っています。
ただ、これが固定の舞装束というわけでもなく、烏帽子や刀を取ったり、水干は白以外も着たようです。

※ちなみに文様の素材はいつもの如く
「平安文様素材CD-ROM」(八條忠基/マール社)


静と義経明日は落ち行く身のふたり。

映画は落ちのびメインなので、九郎さんは英雄というよりは心映えのよい美丈夫という感じで、苦悩しっぱなし。
いよいよ鎌倉から反逆者扱いを受け
反撃に出るよう焚きつける新宮十郎を退けたあと
清々しく寂しげな微笑で、曰く
「もう戦はいやだな」

つかれちゃったんだねい……。
しんみり……。

王道中の王道なお話です。
とくに今更あらすじを紹介するまでもないくらいに…。

しかしあの 最後の舞のシーン
梶原の命令で、射手が舞台上の静を狙うのですが、それに気付いた静は、口元には扇をかざしたまま、じ……っと射手を見据えます。射れるものならば射てみよ、というように。
この眼差しがすさまじい。
舞振りもさすがで、うっとりしっぱなしだったのですが、あの静かな双眸もしっかり目に焼き付いています。結局射手は汗だくで、つがえていた矢を下ろしてしまい、静はすうっと扇を下ろして、「埒もない…」というように踵を返します。その時の流し目もぞくぞくきたなあ。
北条政子

おまけで鎌倉夫婦。
腰越状を読む鎌倉殿懊悩鎌倉殿


 
PR
COMMENT
TITLE
Text
Color&Pict Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
NAME
e-Mail
URL
PASS

Profile
管理人紹介
HN:逆名[サカナ]
HP漁屋無縁堂

無駄と斑の腐渣。はぐれ腐。
らくがきと調べ物が趣味の
古典寄り歴史ヲタク。

中古日本史、東洋史、仏教史(仏教東漸期の東アジア、平安密教、仏教芸能、美術、門跡寺院制度等)、有職故実、官職制度、風俗諸相、男色史。古典文学、絵巻物、拾遺・説話物。

好きな渡来僧:婆羅門僧正菩提僊那、林邑僧仏哲
好きな法皇:宇多法皇
好きな法親王:紫金臺寺御室、北院御室
好きな平氏:重盛、経盛、敦盛
好きな法衣:裘代五条袈裟
好きな御衣:御引直衣
好きな:挿頭花と老懸を付けた巻纓冠
好きな結髪:貴種童子の下げみずら
好きな童装束:半尻、童水干
好きな幼名:真魚(空海さん)
好きな舞楽:陵王、迦陵頻、胡蝶
好きな琵琶:青山、玄象
好きな:青葉、葉二
好きな仏像:普賢・文殊(童形)はじめ菩薩以下明王、天部、飛天(瓔珞天衣持物好き)

やまとことばも漢語も好き。
活字・漫画・ゲーム等、偏食気味雑食。

画像・テキストの無断転用は
御容赦下さいませ。

Links/RSS







RSS 1.0
--------------------------------------

※管理者専用
Calender
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Searcn@This Blog
QR Code
携帯版URL









 
 
"逆名" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP