忍者ブログ
深度三,三三糎の心の海から湧き出ずる毒ぼやきの数々。
 
*06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
*05
*07
*New Articles*
----------------

 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結局大河ははツマブキになってからは一回も見てない。
録画ももうしてないの。

連ドラって一回挫折すると無理だなー…

正直、今から大河見るくらいなら
BASARAのアニメ動画をどっかで拾ってくるよ。
なんか自分周囲での評判が良いのでw

で、まあだから内容は何とも云えないです。すまん。

でもね、番宣だけは見かけるのですが (つづく)
 


石田三成のさかやき、沖田さんみたいな剃り込み。

ひどいとかきもちわるっとか萎えるわあとか
まあそういうのはおいといてw

あれって史実…っていうか、
もちろん三成はあんな剃り入れてなかったと思うけど、
じゃなくて、あれは単に時代劇仕様のかつらなのか、
現実にあった剃りなのか、
ていうのが。

うーん。
昔コピってきた江馬務の図版にもそれらしいのはなかったなー
さかやきの過渡期にはあんな複雑な剃り入れる必要はなかったと思うのね。
装束とかって、実用性から単なるおしゃれまでの過程ってだいたい

実用性からスタイル発生・膾炙
→服制などに組み込まれ、ステイタス標識に(月代の場合、武士っぽさの強調)
→常識としての身だしなみ化
→ゆるくなってきて、惰性な人とかおしゃれ(バリエーションが豊富に)な人とか、まったく別のスタイルを採用する人も出てくる

だと、思うので、実用期の戦国時代にあれを入れるとしたらすげえかぶいたお兄さんくらいな気がする。
 それかよっぽど兜がムレて無惨なずるむけになってあんな剃りでごまかすしかなかったとか。

なんてね。
妄想だけどね。

うーん…
心に留めておこうっと。
あれかな、幕末の写真集とか見ればいいかな?


そういえば、タイムスクープハンターは全八回だったらしく地味に終わっていきました。結構はまりかけてたのに。最終回が女だけの旅に対する関所の対応の悪さだったのがすごいよねー!おはぐろもきっちり入れてたし関所の役人がけだるくてよかったw
次の?歴史系新番組は、「名将の采配」
ちょっと前に実験枠でやってたのが好評だったのか許される範囲内だったってことなのか
レギュラー化するみたいで
…これまた
戦の陣形にテーマを絞ったマニアックな内容。
うーん…うーん…でも、日本のいくさに限らないみたいだし
西洋のだと逆に全然知らないから見てみたいかも。
だから極端だっていうんだよw
PR
COMMENT
TITLE
Text
Color&Pict Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
NAME
e-Mail
URL
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 

Profile
管理人紹介
HN:逆名[サカナ]
HP漁屋無縁堂

無駄と斑の腐渣。はぐれ腐。
らくがきと調べ物が趣味の
古典寄り歴史ヲタク。

中古日本史、東洋史、仏教史(仏教東漸期の東アジア、平安密教、仏教芸能、美術、門跡寺院制度等)、有職故実、官職制度、風俗諸相、男色史。古典文学、絵巻物、拾遺・説話物。

好きな渡来僧:婆羅門僧正菩提僊那、林邑僧仏哲
好きな法皇:宇多法皇
好きな法親王:紫金臺寺御室、北院御室
好きな平氏:重盛、経盛、敦盛
好きな法衣:裘代五条袈裟
好きな御衣:御引直衣
好きな:挿頭花と老懸を付けた巻纓冠
好きな結髪:貴種童子の下げみずら
好きな童装束:半尻、童水干
好きな幼名:真魚(空海さん)
好きな舞楽:陵王、迦陵頻、胡蝶
好きな琵琶:青山、玄象
好きな:青葉、葉二
好きな仏像:普賢・文殊(童形)はじめ菩薩以下明王、天部、飛天(瓔珞天衣持物好き)

やまとことばも漢語も好き。
活字・漫画・ゲーム等、偏食気味雑食。

画像・テキストの無断転用は
御容赦下さいませ。

Links/RSS







RSS 1.0
--------------------------------------

※管理者専用
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Searcn@This Blog
QR Code
携帯版URL









 
 
"逆名" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP